肝臓作用において定番の値γ-gtpとは

肝臓作用において定番の値γ-gtpとは

γ-gtpというのは正確に言うとガンマグルタミルトランスフェラーゼの頭文字をとった略字で、G-GTPという血系検査の結果では表現されるものです。
γ-gtpの上昇は肝臓や胆道系にどんだけかのダメージが起きている怖れを暗示するものであり、疾患の展開状況、病勢によりその値は病状が悪いほど上昇する傾向にあります。

 

クリニックによってその度合い、つまり正常と決断可能な値が若干バラバラですが、全く50IU/L程度以下と言われています。

 

最も多く影響しているのは本当は腎臓ですけれども、血の検査結果としては肝臓のパフォーマンスの判断基準として中心に適用されています。

 

肝臓では胆汁が作られ、胆道を通って十二指腸から腸に合流し、消化などに関与しています。

 

途中の胆のうで胆汁は濃縮されますが、お酒の飲み過ぎやある種の薬剤などによりγ-gtpの産生が増加し、その局所が血液中に流れ出ることがあります。

 

他にも、肝臓の細胞や胆道系の細胞が壊れても細胞中にあったγ-gtpが血液中に流れ出る事もあります。

 

原因となる疾患としてアルコール性の肝性能障害やウイルス性の肝炎の悪化時、胆石が詰まってしまい胆のう炎を引き起こしたり、癌などの腫瘍性病変による胆汁うっ滞などがあります。